gaikan2015年最初にご紹介するのは西区のF様邸

ご長男が小学校に入学する前までには、とマイホーム探しをスタートされ、マンション、分譲住宅も視野に入れて、トータテ住宅販売流通事業部販売センターを訪問。

様々な物件をご検討された上で、眺望環境から今の土地を気に入り、注文住宅でマイホームを実現されることとなりました。

最初から注文住宅を考えて準備を進めていた訳ではなかったF様の家づくりは、全くのゼロからスタート。

hall何から始めて良いかわからないというF様に営業担当の中野氏が提案したのは、「ご夫婦それぞれ3つこだわりたいポイントを挙げて、その希望を合わせた形でプランを進めていきましょう」ということ。

その提案に、奥様が一番に挙げたポイントが玄関

玄関は家の顔、と父が常々言っていたので、お客様がうれしくなるような空間にしたかったんです」

そんな奥様の希望を取り入れた玄関は、広々としたホール正面に設けられたスタイリッシュな階段が印象的な空間に。

「帰って来ると一番最初に目に入る、大好きな空間になりました」と奥様。

最初は玄関に広いスペースを割くのはもったいないかな、と考えていたというご主人も、帰宅する度に「玄関が広いのってやっぱりいいな」と感じているそうです。

L

奥様の2つ目のこだわりはキッチン

使い勝手がいいと感じていた実家と同様のL字型を採用。

コンロをサイドにしたことで、フロントがレンジフードやカバーで遮断されることなく、より開放的なキッチンになりました。

3つ目のこだわりである収納面でも大満足だそうです。

ご主人一番のこだわりは広々としたLDK

ゲスト用の和室2Fに設けることで、ゆったりしたLDKと動線に優れた回遊性の間取りを実現しました。

living

バルコニーからの眺望

バルコニーからの眺望

ご主人のこだわりは、バルコニー

まで見渡せる眺望を活かすために、フェンスをクリアなものにし、スペースも広めに。

このバルコニーに座って景色を眺めながらゆっくりと過ごすのが、ご主人の極上のリフレッシュタイムになっているそうです。

shushin

 

 

バルコニーに面した主寝室コーナーにも大きくを取り、室内からも眺望を楽しめます。

gaikan2

 

 

このは、ご主人のもう一つのこだわりである外観の上でも良いアクセントになっていますね。

laundry1

 

また、最初からこだわっていた訳ではないけれど、最終的に奥様の大のお気に入りとなったのが、ランドリースペース

laundry2雨の日にもリビングには洗濯物を干したくない、という要望を受けて、洗面室の一部に室内干しできる空間を確保。

洗濯機から出してさっと干したたんですぐチェストにしまう、というのがワンフロアで済んで、とても便利。

家族や友人の主婦たちからはとてもうらやましがられる自慢のスペースになっているそうです。

oyatu

取材にお邪魔したのはクリスマス前で、こんなかわいいツリー型のお皿で、お菓子とコーヒーを出していただきました。

社宅の時は収納や飾るスペースが限られていたので、諦めていたかわいいお皿雑貨観葉植物なども買い集められるようになったのがうれしくて、 雑貨屋さんなどを覗くのが楽しくなった、と奥様。

kids県外から嫁いで来られた奥様にとっては、本当の自分たちの我が家ができたことで、やっと「広島の人になった」と実感できたそうです。

また、元気におやつにパクつく子ども達を見ながら、「これからここがこの子達の実家になるんだな、と感じています」としみじみ。

マイホームは、そんな思いを受け入れる場所でもあるんだな、と改めて感じさせてもらったのでした。

 

F様邸のレポートトータテハウジングHPお客様の声」のコーナーでもご紹介します。


Family02家を建てるなら…

housing

 

 

資料請求・お問い合わせはこちら