今回お邪魔したのは、南区のI様邸。

約30年暮らしてきた一戸建てを、今後の30年を見据えて、より暮らしやすい家にリフォームしたいと考えていたところ、お嬢様の妊娠が判明。帰省出産される妊婦さんや赤ちゃんを新しい住まいで迎えようと、予定を少し早めてご決断されました。

お父様の介護を経験されたご主人の希望は、車椅子でも生活できる廊下の幅開けっ放しにもできる引戸の扉、そして1Fだけで生活できる間取り

それに奥様が、生活しやすい動線必要な物を必要なところに置ける収納のご希望を加えてのプラン作りとなりました。

ビフォーとアフターを見ると、柱や壁など構造的な箇所はそのままで、内部の間取りだけ上手く変えたことがわかります。

before

before

after

after

ポイントの一つは、和室の続き間をフローリングのLDKにして、キッチンを移動させたこと。

住みながらのリフォームをご希望されていたので、新しいキッチンを造っている間は古いキッチンを使い、新しいキッチンが使えるようになってから古いキッチンを撤去したので、キッチンを使えない日がなく、とても便利だったとのことでした。

キッチンは、お客様とお話しながらでも家事ができる対面式を希望。

システムキッチンの上部、下部、背面カップボードは、様々な収納が組み合わせできるタイプで、収納上手の奥さまが熟考されてチョイス。

流しの上にはスライドダウンして使える水切り、カップボード下部には踏み台にもなる物入れなどを採用されました。

キッチン2

和室の2間はフローリングのリビングに変更し、床の間などのあった壁面を造りつけの収納に。

右側は将来仏間にする予定で椅子でも向き合えるように床面を少し高く設置、中央はアイロンなどの収納棚とアイロンかけ待ちの服がかけられるポールなどを設置した大容量スペース、左側は廊下の玄関クローゼットと背中合わせになった浅めのスペースを電話カウンターに活用。上はルーターなどを配線ごとすっきり隠せるお手本にしたい収納、下部には空気清浄機がぴったりと収まりました。

リビング収納

玄関のシューズクロークも大型のものに変え、扉の一枚は姿見を設置したのが、とても便利とのこと。

シューズクロークの中には、鍵、印鑑、剪定バサミなどが、その右の玄関クローゼットには上着やテニス道具が、階段下収納には非常持出し袋などが、いずれも取り出しやすく収納され、必要な時に必要なものがさっと持ち出せるよう整理整頓された収納術に感心。

その他キッチンだったスペースは主寝室に面した大型のウォークインクローゼットに、廊下突き当りのデッドスペースもオープン棚に変わり、収納力は抜群。

収納

また参考にしたいポールの応用も。主寝室のエアコンの下に渡したポールは、洗濯物や濡れタオルなどを干して、加湿器に頼らない加湿対策に。浴室に2本渡したポールは、風呂のふたの両面に風を通し清潔に乾かす工夫。いずれも奥様のアイデアで、とても感心してしまいました。

ポール2

リビングに飾られたクリスマスツリーは、旅先などで毎年一つずつオーナメントを買い足していると言うもの。ピアノの上には、ご主人や娘さんが海外で買ってきたお土産や娘さんの婚礼写真などが飾られています。こうした家族の思い出や歴史と、リフォームで新しくなった部屋がまた調和を生み出すのもリフォームならではと感じます。

クリスマス

トータテリフォームセンターお客様の声のコーナーでも、I様邸の30年先まで快適に暮らせる工夫やこだわりなどを紹介していますので、ぜひご覧ください。

 


TRCrogo

 

 

白島ショールーム

フリーダイヤル 0120-731-600

10:00~17:00、木曜定休

 


 


クイズに答えて、クオカードをもらっちゃおう。

今月のマガジンの中からクイズが出題されています。

早速チェックして答えを送ってください!

回答はこちらから→

https://mag.totate.co.jp/quiz/form.php?201701

 

ちなみに先月のクイズの答え、

トータテグループが参加したイベントは、「住まい」る博2016でした。

正解および当選された皆様には、クオカードを送らせていただきました。おめでとうございます!