Jリーグ発足時に参加し、来年30周年を迎え、J1リーグ年間優勝3度の実績を誇るプロサッカーチーム「サンフレッチェ広島」。2024年の新スタジアム完成に向け、ますます地域の期待と注目を集め、選手たちの健闘や社会貢献活動が地域に元気と活気をもたらしています。

トータテグループはこのたび、そんな「サンフレッチェ広島」のクラブパートナーとなりました。

そして2月27日(土)、いよいよ迎えた2021年第1節の開幕戦。エディオンスタジアム広島でのベガルタ仙台戦に、早速応援に行ってまいりました。

晴天に恵まれたエディオンスタジアム広島には、バルーンアーチが設置され、開幕を楽しみにしていた紫色の服やグッズを身に着けたサポーターたちが続々と集まります。

スタジアム前のおまつり広場では、にぎわいステージや、グッズ売り場、グルメショップなどが盛り上げます。場内イベントでは、開幕戦ゲストの本田望結さんのミニトークショーなども行われました。

スタジアムに入場してみると…

Ⓒ 2021S.FC

ゴールポストのすぐそばに「住まいのトータテ」のフィールド看板が!! これからスタジアムやテレビで観戦される方は、ぜひチェックしてみてください。

キックオフの時間が近づいてきた頃、クラブパートナーの紹介がありました。ここでもしっかり紹介していただきました。

感染予防のための動員数制限があるにもかかわらず、8,820人もの方が観戦に訪れた開幕戦。本田望結さんたちによるキックインセレモニーの後、いよいよ始まった試合は、サンフレッチェの積極的な攻撃が続き、前半33分、新加入したジュニオール・サントス選手が開幕戦で記念すべき初ゴールを決めて1点先制!! まだタオルなどを振ることができないため、入場時に先着配布された「GOAL!」のロールフラッグを掲げて会場中が盛り上がりました。

ハーフタイムでは、またまた本田望結さんが登場。新商品の「サンチェのお気に入りもみじ饅頭BOX」を試食を交えて紹介してくれた後、サンチェくんたちと場内ラウンドしてくれました。ふと気がつくと、すぐそばまで来られていて、マガジンスタッフの一人が思わず「あっ、望結ちゃん!」と声を上げると、こちらを見てにっこりと手を振ってくれました。

このまま勝ち越しと思われた後半の試合終了間際、惜しくも相手チームにもゴールが。悔しいドローでのシーズンスタートとなってしまいました。

しかし、シーズンは始まったばかり。これからも選手たちの活躍に期待したいものです。皆様もぜひ応援よろしくお願い致します!!

〈城福監督率いるチームの活躍に期待〉Ⓒ 2021S.FC

サンフレッチェのゲームスケジュールなどはチーム公式HPをチェック!

https://www.sanfrecce.co.jp