まちの交流拠点となるコミュニティハウスも完成し、いよいよ5月8日(土)・9日(日)里びらきを迎えたSATONOWA好評分譲中第2期区画内に2棟の家具付きのモデルハウスも整い、公開されました。

家具・照明・インテリアをコーディネートされ、より暮らしのイメージを感じられるようになったのは、7街区No.34No.47
案内してくれたのは、トータテ住宅販売流通事業部 中央情報センターの井上さんです。

■ オープンモデルハウスその1【No.34】

まずは角地のNo.34。2面にSATONOWAの特徴である歩行者専用の遊歩道「フットパス」があり、ゆとりと自然がもたらす心地よさを感じさせます。

玄関内には大型のシューズクローゼットが2つ。収納力充実していますね。

玄関ドアは鍵を携帯しているだけで、 施錠も開錠もワンタッチで開閉が楽々。オートロック機能もあり、ホールのパネルでドアの解錠や開閉が操作できる点も便利です。

>>>セキュリティについて詳しくはこちら

 

LDKもゆとりたっぷり。ダイニングには家事や勉強、パソコン作業などに便利なカウンターが造り付けてあります。
No.34はLDKに隣接した和室の吊り戸を開放すると段差のない約29帖のオープンな大空間になることも見どころですね。

洗面室で好評なのは、薄型なのに機能性抜群のキャビネット。スペースを取らないのに、洗面室に必要なものがすっきりと収まります。

2階のバルコニーも広々。急な降雨時も安心の屋根付きバルコニーが全戸に標準設置されています。

>>>より詳細な区画図、間取り図、面積、価格こちら

 

■ オープンモデルハウスその2No.47

続いて、南入り玄関のNo.47

No.34ブラウンのドアでしたが、こちらは白いドアを採用。このように一棟一棟間取りインテリアの雰囲気が異なるので、ご家族のライフスタイルに合った動線好みのデザインの家を見比べて選んでいただける点が魅力です。

ダイニングカウンター。家具や照明までコーディネートされたモデル住戸は、実際に家具を置いた時の広さ動線がイメージできることがポイントです。

キッチン、浴室、洗面、フローリング、建具など、一般的な〝建売住宅〟でイメージされものよりはるかにグレードが高いものが標準仕様となっていることも見どころの一つ。以前のこのコーナーでお伝えした、エネファームやハイクラスのガスコンロ「デリシア」などもチェックしてください。

>>>エネファームのレポート記事はこちら

>>>デリシアのレポート記事はこちら

また収納が充実していることも人気。2階には全戸広々とした収納スペースDENを備えています。

〈右がDEN。普通の部屋より天井が低くなっていますが、約4〜5畳分の広さがあり、季節ものの収納などに便利〉

>>>より詳細な区画図、間取り図、面積、価格こちら


インテリアや設備、間取り、デザインなど、見どころ豊富なので、ぜひご覧ください。毎週土・日曜日はスタッフが現地に待機してご案内しています。それ以外の曜日でもご案内に対応していますので、お近くのトータテ住宅販売の営業所へお問い合わせください。
5月末までは各情報センターへのご来店・オープンハウスへのご来場で抽選で豪華な商品が当たる「Think 未来FESTA」を実施中です。

トータテ住宅販売 中央情報センター
0120-333-222


5月8日(土)・9日(日)に迎えた里びらきの日にスタッフがモデルハウスを体験した様子をライブ配信しました。よろしければ、そちらの動画もぜひご覧ください!!